血小板減少を伴うヘルペスは婦人科を受診して治療する

性感染症の中でもヘルペスは最も多くの方がかかるごく一般的な病気です。
男性器、女性器だけでなく口唇にも発疹を伴うため、性病に感染したとわかりやすい病気と言えます。
性交渉をする方ならどなたでもかかる可能性があり、重症化すると高熱や血小板減少などの重篤な症状を伴うこともありますので、女性がこうした感染症にかかったかもしれないという場合には婦人科を受診することをおすすめします。

ヘルペスは水泡のような発疹が出き、それが破れると激痛を伴い女性の場合には特に排尿時に大きな痛みを伴います。
しかも女性の感染者の8割が1年以内に再発するという特徴があり、再発のときのほうが症状が激しくなります。
中には血小板減少や高熱で入院が必要になってしまうケースもありますので注意が必要です。
婦人科で行うヘルペスの治療としては内服薬、外用薬の処方があります。
婦人科では抗ウイルス内服薬を処方して5日間から10日間飲み続けるほか、症状が軽い場合には軟膏を外用薬として患部に塗布します。
再発などで重症化して高熱や血小板減少などの症状を伴うときには点滴などを行う入院をする場合もあります。

ヘルペスはウイルスそのものを退治することができないので、ウイルスをおさえて再発を予防するような治療をします。
治療をしていてもヘルペスウイルスは神経節などの体の中に潜んでいて、風邪やストレスで体力が低下した時などに再発してしまうことがあるのです。
ヘルペスに感染しないようにするためにはコンドームを使用したセックスを心がけることや、不特定多数のパートナーとのセックスを避けることが重要です。
そのように配慮することでヘルペスへの感染を減少させることができます。