子供がヘルペスに感染してしまう原因

ヘルペスは別名「愛のウイルス」とも呼ばれる感染症です。
人と人との接触で感染が広がっていくため、こう呼ばれています。
家族間や恋人間での感染が最も多く、キスをしたり同じ食器やタオルを使うことでも感染が広がって行きます。
子供の感染は、ウイルスを持っている大人との頬ずりやキス、同じ食器やタオルを使うことが原因になることがあります。
日本人の大人の約9割はヘルペスウイルスの抗体を持っていると言われています。
抗体は一度そのウイルスに感染しなければ作られないため、日本人の大多数は一度はヘルペスウイルスに感染しているのです。
一度目の感染は症状が出ないことも多く、気づかないうちにウイルスを保持してしまいます。
しかも現代の医学ではヘルペスウイルスを完全に退治することは出来ません。
一度症状が治まったら、ウイルスは神経が多く集まっている神経節に潜んでしまいます。
そして宿主の体力が落ちたり免疫力が低下したタイミングで神経節から出て増殖を始め、口の周りの水膨れなどの症状を引き起こすのです。
ヘルペスウイルスを退治できないということは、抗体を持っている人はヘルペスウイルスを持っているも言えます。
その状態で子供に頬ずりやキスをすると、子供の体力や免疫力が落ちてしまっているときには発症してしまう確率が上がるのです。
対応策としては、食器やタオルなどの家族共通で使うものはしっかり洗って乾かすこと、清潔な生活を心がけること、食生活や日常生活などの生活習慣を見直し、体力や免疫力が落ちないような生活を送ることになります。
子供がヘルペスに感染してしまった場合には、感染力が非常に強力なため幼稚園や学校などは休ませたが方が良いでしょう。

口唇ヘルペスは疲れやストレスの免疫力低下が原因

口唇ヘルペスは日本人の約9割が抗体を持っていると言われています。
家族間で同じ食器を使ったり頬ずりをするなどで感染が広がって行き、家族や恋人間で感染する確率が高いと言われています。
抗体は一度ウイルスに感染しなければ持つことは出来ないため、日本人の大多数は口唇ヘルペスに感染したことがあるということです。
一度感染した口唇ヘルペスは症状が治まることはあっても現在の医学では完全に排除することは出来ません。
体力が充実し免疫力が高い間は神経が多く集まっている神経節の中に潜んで休眠しています。
他の病気がそうであるように、ストレスがたまったり睡眠不足が原因で体力や免疫力が低下すると、神経節に潜んでいたウイルスが現れて増殖し、症状が出ます。
また、ストレスがたまったり免疫力が低下した時にヘルペスウイルスの感染者に近づいたり、感染者が使用したコップやタオルなどを使用すると、そこから感染してしまうことがあります。
一度感染してしまうと、口唇ヘルペスはずっと付き合っていかなければならない病気なのです。
また、再発は1年に2回程度だと言われているため、再発しやすい人は自分がどのような時期に再発するのかを知り、対策をとることが再発防止のカギとなります。
また、毎日の生活でもストレスが溜まっていないか、溜まった時にはストレス解消を行ったり、睡眠不足や不規則な食生活などで免疫力が低下していないかをチェックしたり、食器を綺麗に洗ったり、洗濯物はこまめに行い清潔な生活をするなどの再発予防策をとるようにしましょう。
再発した際には他の人にうつさないように、感染防止のためのマスクを着用したり、家族や恋人間でも接触を避けるなどの対策をとるようにしましょう。

口唇ヘルペス治療中の食事

口唇ヘルペスとは、口の周りに水ぶくれができてしまう病気でヘルペスのウイルスに感染することで起こる病気です。
感染したからと言って水ぶくれが必ず起こるのではありませんが、ヘルペスのウイルスは感染能力が強く接触感染や飛沫感染が感染経路で同じグラスやタオルを使ったりしても移りますし、ヘルペスを潰したときに指などが触れたのをそのままにしておいても移ることがあります。
感染してもそのまま放っておくと2週間ほどでかさぶたのようになり治ります。
しかし痛みもありますし、口の周りに水ぶくれができると目立つので早く治したいと思うものです。
治療は皮膚科を受診して抗ウイルス薬や抗生物質の薬を処方してもらいます。
しかしヘルペスは一度感染する一生付き合っていかなくてはいけない病気でもあります。
そのため体調を崩したり免疫力が落ちるとまた発症してしまうこともあります。
治療は行ってもらえても完治する治療法や治療薬は現在の時点ではありません。
そのため治療中やその後発症しないようにするためには体力をつけて健康に過ごすことが大切です。
治療薬を服用しながら食事に気を配るようにしましょう。
治療薬にはビタミンB2、B6,B12などと言ったビタミンが配合されたものが出されることもありますが、食事でもビタミンを積極的に摂取することが大切です。
ビタミンB2は牛のレバーや卵、鶏肉、うなぎ、サバ、ハマグリ、納豆、牛乳や乳製品などに含まれています。
ビタミンB6ははちみつやバナナ、キャベツ、干しぶどう、レバー、肉、魚、卵、豆類などに含まれていて、ビタミンB12はレバーや牛肉、豚肉、牡蠣、牛乳や乳製品に含まれています。
これらの食品をバランスよく、食事に取り入れるようにしましょう。

<人気のお薬通販サイト情報>
あんしん通販薬局 口コミ
<すぐに治したいなら>
ベセルナクリーム!塗り薬だから直に効く
<驚き!様々な病原菌を殺菌する>
ジスロマックは歯周病にも効果あり